不用品回収

運べない売れないタンスの処分どうする?プロが6つの捨て方を解説

タンス

「タンスを処分したいけど、どうしたらいいかわからない」
「処分費用がかかりそうでこわい」

こんなお悩みありませんか?

タンスは頑丈なものが多く、運びにくいものですので、処分はおっくうですよね。

この記事でわかること
  • タンスの処分方法6つ
  • タンスの処分費用を抑える方法

この記事を読めば、自分にあったタンスの処分方法が見つかりますよ。

タンスを自治体で処分する

タンスの処分としてまず思い浮かぶのは、自治体のルールに沿って捨てる方法です。

自治体独自のルールがあるので、ホームページで確認しましょう。

費用をかけたくないなら自治体の回収へ

タンスを捨てるのに一番費用がかからないのが自治体の回収です。また、ルールに則った処分なのでトラブルになることもありません。

方法は2つ。

  • 可燃ごみとして捨てる
  • 粗大ゴミとして捨てる

ただし、この2つの方法は、手間がかかります。

また、自治体で決められた日程のなかで、動くので忙しい方や急ぎの方には向いていません

可燃ゴミなら、ゴミ袋代程度で済みますが、タンスは大きいのでたくさんの袋が必要になります。しかも東京都は、タンスはバラバラに解体しても粗大ゴミのみの受付になっています。

粗大ゴミの処分費用ですが、大きさによって費用が変わる自治体が多いです。東京都は高さと幅の合計が135cm以下なら400円、180cm以下なら800円というように費用が変わってきます。
一番大きいものだと2,800円です

横浜市は最も長い辺が1m未満は1,000円、1m以上は1,500円となっています。

可燃ゴミ

可燃ゴミとして捨てるには、タンスを解体する必要があります。

だいたい、一辺が30cm以上のものなら可燃ゴミとして捨てられる自治体が多いです。普段の回収に出せるなら、手軽に感じる方も多いかもしれません。

しかし、タンスはしっかりした木材で作られていたり、金具などがついていたりしますので、解体作業はとても大変です。

解体方法は以下の手順になります。

  1. 引き出しと本体を分ける、背の高いものは倒す
  2. 扉や金具を取り外す
  3. ネジやダボを外す
  4. 自治体の可燃ゴミのサイズにする

家具の取り扱いに慣れている、分厚い木材でも使える工具があるなら可能かもしれませんが、あまり現実的な方法とはいえません。

粗大ゴミ

タンスをそのまま捨てられ、費用も抑えられる方法が粗大ゴミとして捨てる方法です。

粗大ゴミとして捨てる手順は以下のとおりです。

  1. タンスのサイズを測っておく
  2. 電話やインターネットで自治体に申込み
  3. 手数料を取り扱い店舗にて支払う
  4. タンスに粗大ゴミのシールを貼る
  5. 指定された日に指定場所に出す

タンスのサイズを測ってから申込みましょう。タンスのサイズによって手数料が決まります

高さ、幅、奥行のサイズを測っておけば申込みもスムーズです。

粗大ゴミで捨てる場合、確認しておくポイントが3つあります。

    • 回収される日にち
    • 1回の申込みで処分できる粗大ごみの個数
    • 指定場所への運搬方法

予約制で回収される場合、何日も待たされることがあります。また、1回の申込みで処分できる粗大ゴミの個数が決まっている場合、一気に処分ができないこともあります。

タンスは大きくて重いので、家族や友達に協力してもらったり業者に運搬してもらうなど方法を決めておきましょう。

タンスを買い替えるなら販売店の引き取りサービスで

タンスを買い替えるために処分するなら、販売店の引き取りサービスを利用してもいいですね。

買い替えるなら販売店へ

新しくタンスを購入する場合、同等で用途が同じ商品なら引き取ってくれる販売店を利用すると便利です。手数料が別途必要になる場合もあるので、店舗に確認しましょう。

(2022年7月現在)

 条件手数料備考
大塚家具

同等同用途、購入品と同数

あり

対象商品がきまっている

ニトリ

購入品と同じ容量

1回の注文につき4,400円対応していない店舗あり
amazon同等の商品、同等の個数、届け先と同住所、配達時に限る手数料無料搬出困難なら引き取れない
イケア対象のイケア家具限り買取出張料、配送料対象エリアが限られる

引き取りサービスは、新しいタンスが届いたその日に処分が済むという便利さがあります。

一方で、細かい条件があり、それに該当しないと引き取ってもらえないので注意しましょう。

引越しのタイミングでタンスを処分する

引越し先にタンスを持っていきたくない、タンスがいらなくなった場合、引越し業者に依頼できる場合があります。

引越しが決まっているなら引越し業者へ依頼

引越しのときは、何かと不用品が出てくるもの。

不用品の買取や引き取りサービスのある引越し業者に依頼すれば、引越し作業と同時にタンスの処分もしてくれます

(2022年7月現在)

業者名条件
サカイ引越センター引越しに伴う不用品引き取り
タンスの中身を出しておく
別途処分料金が必要
アップル引越センター

引越しにかかわる不用品買取
引き取り可能

引越しは、日にちが決まっています。タンスの処分が間に合わなくても、引越しと一緒にしてくれるなら便利ですね。買取サービスがあれば、さらに費用を抑えられます。

担当エリアや条件など業者ごとに、細かい決まりがあるので確認してから依頼しましょう。

タンスをお得に処分したいならリサイクルショップへ

タンスの処分に費用をかけたくないなら、リサイクルショップで売るという方法があります。

タンスは大きくて運搬が大変なので、出張買取サービスのあるリサイクルショップがおすすめです。ただし、タンスは売れにくいものでもあるので、急ぎの処分には向いていません

しかも購入年や材質などで、買取できないタンスもあります。

  • 購入後5年を経過したノーブランドのタンス
  • 婚礼家具
  • 汚れ、傷のあるタンス

上記のようなタンスは、買取は難しくなります。

売れ筋のタンスとは

それでは、売れ筋のタンスとはどんなものでしょうか。下記のようなタンスは高く買い取られる可能性があります。

  • ブランドのタンス
  • アンティークのもの
  • 状態の良いもの

ブランドのタンスは一定数の購入者がいますので、買取されやすくなります。主な例をあげてみましょう。

  • 岩谷堂箪笥
  • 北海道民芸家具
  • 日光彫
  • シャルドネ
  • ドレクセル・ヘリテイジ
  • フランチェスカマホガニー

アンティークの家具や桐の和箪笥を好む人からは、古くて質のよいタンスなら需要があります。傷や汚れがなく清潔なものであれば、チェストなどは需要があるので問い合わせてみてもいいでしょう。

売れ筋のタンスであっても、査定前には磨くなどしてキレイにしておくこともポイントです。

タンスをネットオークション、フリマアプリで処分

ネットオークションやフリマアプリで売るなら、価格を自分で設定できるというメリットがあります。

しかし、古いものや使用感の残っているタンスはなかなか売れません。しかも大型なものだけに、発送費もかかってしまいます。また、個人間の取り引きになるので、トラブルの対応もしなければなりません。

説明文をくわしく書き、配送方法や費用の負担などを最初にきちんと決めておきましょう。

ネットオークション、フリマアプリで売る手順

ネットオークションやフリマアプリで売る手順は以下のとおりです。

  1. 登録をする
  2. タンスの写真を撮る
  3. タンスのサイズや材質、購入念など説明文を入力して出品
  4. 買い手がついたら、発送

ネットオークション、フリマアプリの注意点

タンスは普通の宅配便では送れないので、家具専門の配送業者に依頼する必要があります

メルカリでは、たのメル便というサービスがあり、かなり大きな家具も集荷、配送してくれるので、利用してみるのもいいでしょう。

しかし、どちらにしても高額になってしまい、その分を価格に上乗せするとなかなか売れなくなる可能性もあります。

発送費を抑えるには、引き取り希望にするなど工夫が必要です。

ジモティなら譲ることもできる

ジモティは無料の掲示板です。タンスを必要としている地元の人に譲るなら、発送費を抑えることができます。

家まで引き取りに来てもらうという条件にすれば、無料でタンスを手放すことも可能です。

引き取り手がなかなか現れないという可能性があるので、急ぎの処分にはむきません。

タンスをすぐ処分したいなら不用品回収業者へ

タンスは、運べない、なかなか売れないものです。処分にはそれなりの手間や費用がかかってしまいますね。

すぐ処分したい、忙しくて時間がとれないなら不用品回収業者がおすすめです。

手間なく処分したいなら不用品回収業者がおすすめ

不用品回収業者のおすすめポイントは、都合の良い日の早朝、深夜にかかわらず回収してくれることです。全ての作業をお任せでき、タンス以外のものも処分できます

費用がかかるのがデメリットですが、買取サービスのある業者なら買い取り額分を差し引いてくれるので、費用を抑えられます。

タンスの処分を依頼するときの注意点

不用品回収業者のなかには、悪質な業者もいるので業者選びは慎重にしましょう。

まず、ホームページでサービス内容や料金体系などを確認して2,3社を選びます。

次に、選んだ2,3社から見積もりをとりましょう。料金が分かりやすく、説明が丁寧な業者なら安心して作業をお任せできますよ。

テキスト「作業一式」というようなあいまいな見積もりの業者は避けましょう。後から追加料金を請求される可能性があります。

タンスは運びにくいものなので、階段がある、吊り下げの必要があるなどで追加料金がかかる場合があります。

見積もりの段階で、搬出経路から追加料金が発生するかどうかも確認をしておきましょう。

まとめ

タンスは運びにくく、処分に手間がかかります。

アンティークのタンスやブランドのタンスなら、高額で売ることも可能です。しかし、多くのタンスはなかなか売りにくいというのが現状です。

タンスの処分に手間をかけられないなら、不用品回収業者に依頼しましょう。その日のうちにスッキリできますよ。

まずは無料見積もり!

お客様から回収品目をお伝えいただければ
お電話での概算見積もりも可能です!
お急ぎの方には便利♪
詳しくは一度お問合せください
お急ぎなら電話で!
0120-963-348
0120-963-348
LINE/メールは24時間受付中
無料でお見積もり相談
クレジット決済

ご相談・お見積もり、お気軽にお問い合わせください。
各種クレジットカード、銀行振り込み(後払い可)、
現金払いにてお支払いいただけます。
後日振込、弊社査定分割払いにも対応

ご依頼いただいたお客様限定 無料で除菌サービス!!
ご依頼いただいたお客様限定 無料で除菌サービス!!