不用品回収

ハードディスクの処分方法・個人情報が満載だから注意が必要!安全で簡単な方法を紹介

パソコンは今や各家庭に普及しています。毎日使っている人も多いはずです。買い換えなどの理由でパソコンを破棄しなくてはならないとき、中のハードディスクについてはどうしたら良いのか考えたことがあるでしょうか。

ハードディスクには様々な個人情報が記録されているため、そのまま捨てると情報が漏洩する恐れがあります。そのためハードディスクは、ルール通りの方法で処分する必要があるのです。

ハードディスクの処分方法

適正な処分方法

自治体の不燃ごみに出す

パソコンは処分できないと明言している自治体は多いです。しかし、分解してハードディスクだけを取り出した場合は不燃ゴミとして処分できます。ハードディスクだけならパソコンではなく、部品となるためです。

多くの自治体では一辺が30cmを超える大きさのものは不燃ゴミではなく、粗大ゴミに分類されます。その点、ハードディスクは不燃ゴミとして処分しても、問題はありません。各自治体のルールを確認して適正に処分してください。

また、万が一ゴミに出したハードディスクが持ち去られた場合に備えて、データは必ず消去しておくようにしましょう。

自治体の小型家電回収ボックスに出す

最近は自治体で小型家電回収ボックスを設置しています。これにハードディスクを入れられる場合もあるので、利用すると良いでしょう。

ただし、ボックスに入れられる小型家電は自治体によって違い、ハードディスクを受け入れていない場合もあります。

また、自治体でハードディスクを破壊してデータを消去してくれる場合もありますが、すべてではありません。必ず自分で確認をしてください。

条件が合えば手軽な方法ですし、リサイクルにつながります。ゴミとして処分するよりも気持ちは良いはずです。

リサイクルショップ・オークションサイトで買い取ってもらう

不用になったハードディスクは、リサイクルショップや買い取り専門店に買い取ってもらえる可能性があります。

パソコンに内蔵されているハードディスクの場合、そのまま処分すると、手数料を取られる可能性もあります。しかし、買い取ってもらえるなら収支はプラスに転じるかもしれません。

その際、店側がデータを消去してくれる場合もありますので、持ち込む前に確認をしてください。

また、オークションサイトなどで販売するのも良い方法です。店に買い取ってもらうよりも、高額で販売できる可能性があります。

ただ、出品するのにも写真を撮るなどの手間がかかりますし、売れた後には梱包や発送などもしなくてはなりません。また、この方法を取る場合はデータの消去は必ず自分で行う必要があります。

不用品回収業者に依頼する

ハードディスクの処分にそこまで時間をかけていられない場合には、不用品回収業者にお願いしましょう。対応が早く自宅から動かないで済むので、あっという間に処分ができるはずです。

不用品回収業者にお願いすると、曜日や時間は関係ありません。そのため、仕事などで平日や早い時間に処分ができないという人にも最適です。

不用品回収業者では軽トラック1台分の不用品を回収して10,000円という料金体系であることが多いです。そのため、ハードディスクだけでなく不用品が他にも大量にある場合に利用すると良いでしょう。

処分する際にやっておきたいこと

クレジットカードで買い物

データの消去が必要な理由

処分方法を紹介するとき、度々データ消去が必要だとお知らせしてきました。データ消去をしないことで、次のような危険性があります。

  • SNSアカウントの乗っ取り
  • クレジットカードの不正使用
  • 写真や氏名住所の流出によるプライバシーの侵害

自分のパソコンは仕事に使っているわけではないから、データ消去がそこまで必要だと思えないという人もいるかもしれません。

しかし、私用のパソコンにも重要なデータが入っています。インターネットで買い物をした際のクレジットカード番号、住所録に入っていた友人・知人の住所や電話番号、そしてたくさんのIDやパスワードなどはどれも貴重な個人情報です。

これらが流出することで上記のようなことになれば、自分だけでなく周りの人たちに迷惑がかかってしまいます。データ消去は料金を支払ってでもやっておきたいことです。

データ消去の方法・ソフトウェアを利用する

ハードディスクの初期化・パソコン上のゴミ箱に入れての削除ではデータ消去にならないので、データを消去するためにはソフトウェアを利用しましょう。ネット上には無料でダウンロードできるソフトウェアが数多くあります。

また、言うまでもありませんが、自分でデータをパソコン上のゴミ箱に入れて削除をするのでは、データはそのままハードディスク上にとどまっています。これはまったくデータを消去したことにはなりません。

とはいえ、どのソフトウェアを選んでよいかわからない、知識がないので自分で消去するのは不安という人もいるでしょう。

ハードディスクを物理的に破壊する

ハードディスクのデータはケース内にある円盤に保存されますから、この円盤を破壊すれば、データは消去されます。

円盤は何枚か重なっていますが、すべてを破壊してください。ハンマーで叩けば、円盤は簡単に破壊できます。

ハードディスクを水没させる、円盤に傷をつけるなどの方法でもデータを消去できる場合がありますが、円盤が少し折れ曲がった程度ではデータは簡単に復元できてしまうそうです。

ですから、円盤は容赦なく砕いてしまいましょう。ただし、破片が飛び散ってケガをすることがないように、十分に注意することが必要です。

自分でデータ消去をするのが難しい場合

データ消去に悩む人

データ消去専門の業者に依頼する

物理的にハードディスクを破壊すれば、自動的にデータは消去されます。ですが、それでは買い取りをしてもらうことができなくなります。それにやったことのない人にとってハードディスクの破壊はハードルが高いかもしれません。

自分でソフトウェアを利用するのも、ハードディスクの破壊も難しい場合は専門の業者に依頼することができます。

自分で業者を探すのも良いですが、何を基準に選ぶのかが少しむずかしいかもしれません。

  • ヨドバシカメラ
  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • ヤマダ電機

など、パソコンを販売している家電量販店ではハードディスクのデータ消去を行えます。普段から馴染みのある店で信用も高く、料金体系もはっきりしているため依頼するときも安心です。

個人情報を一時的にでも託すことになるわけですから、信用できる業者を選ぶことが大切になります。

ビックカメラ、ソフマップでは買取サービスと同時にデータ消去までしてくれます。データ消去については、証明書が発行されます。

  • ビックカメラの証明書発行サービス:1,480円から
  • ビックカメラのハードディスク破壊サービス:1,020円から
  • ソフマップのデータ消去サービス:1,020円から

データ消去をしてから安心して処分できる

ヨドバシカメラ・ビックカメラで行っているのは宅配便リサイクルというサービスです。

これは家電リサイクル券を購入して小型家電を処分するためのサービスです。このときパソコンを処分する人に対して、オプションとして別料金でデータを消去しています。

こちらもデータ消去については証明書が発行されます。

  • ビックカメラの小型家電リサイクル料金:1,958円
  • ビックカメラのパソコンデータ消去サービス:3,300円

パソコンは宅配便で送ることができ、1箱に入るなら何点送っても同じ料金です。リサイクル料金の他、データ消去に料金がかかります。また、ヨドバシカメラでもほぼ同じ料金です。

パソコンが何点かある、パソコンの他にも処分したい小型家電がある、店に出向くのが難しい人にとっては最適な方法ではないでしょうか。

一切無料・簡単な申込みで処分のハードルが低い

ヤマダ電機ではパソコンの回収とデータの消去を一切無料で行っています。自社のグループ企業「インバースネット」が回収だけでなくデータ消去を行っています。このため、店頭持ち込みではなく宅配便による回収です。

この場合は荷造りをして申込書を書くだけで、データ消去と処分が一度に終わります。しかも、自宅まで集荷に来てくれるため、事情があって外にでかけにくいが処分に費用もかけたくない人に最適な方法です。

不用品回収業者にお願いできることも

いろいろな方法を紹介しましたが、どれもピンと来ないなら不用品回収業者にお願いしましょう。

申込みをしてからの対応が早く、曜日や時間に関係ありません。ですから、忙しくて時間がない人には最適な方法です。

不用品回収業者の料金は軽トラック1台分で10,000円などとなっていますから、パソコンだけを処分するのでは少しもったいないことになるかもしれません。

しかし、処分したいものが他にもたくさんある場合には、一緒に回収してもらえるため好都合です。特に引っ越しを控えていて、時間がないなどという人は助かるはずです。

  • 業者にデータの消去はしてもらえるのか
  • 「一般廃棄物処理業許可」を持っているのか

ただし、回収をお願いする前には、これらのことを確認しておいてください。せっかく料金を支払うのですから、信頼のおける業者に処分してもらいましょう。

まとめ

パソコンの部品

ハードディスクの処分方法を紹介してきました。いろいろな方法があって混乱するかもしれません。しかし、まずは目の前のハードディスクをゴミとして処分するのか、それとも中古品としての道を歩ませるのかを決めましょう。

ハードディスクの行末を決めると、自ずと処分方法も決まってきます。自由に出歩いて店舗にハードディスクを持ち込めるのか、自宅まで回収に来てほしいのかなど自分の状況に合わせて処分方法を選びましょう。

パソコンをはじめとする小型家電には貴重な金属が使われています。このためリサイクルへの取り組みが盛んになっています。いわば資源ですから、よく考えて処分するようにしてください。

まずは無料見積もり!

お客様から回収品目をお伝えいただければ
お電話での概算見積もりも可能です!
お急ぎの方には便利♪
詳しくは一度お問合せください
お急ぎなら電話で!
0120-963-348
0120-963-348
LINE/メールは24時間受付中
無料でお見積もり相談
クレジット決済

ご相談・お見積もり、お気軽にお問い合わせください。
各種クレジットカード、銀行振り込み(後払い可)、
現金払いにてお支払いいただけます。
後日振込、弊社査定分割払いにも対応

ご依頼いただいたお客様限定 無料で除菌サービス!!
ご依頼いただいたお客様限定 無料で除菌サービス!!