不用品回収

体重計の捨て方!何ゴミに分類?アナログとデジタルの捨て方の違いとは

この記事でわかること
  • 体重計の捨て方
  • 体重計を捨てずに処分する方法

『古い体重計を捨てたいな』
『でも、体重計の捨て方がわからない…』

体重計を捨てたいとき、どうやって捨てれば良いのか方法がわからない、という方もいるでしょう。本記事では体重計の捨て方とともに、捨てる前に知っておいた方が良いことを解説していきます。

捨て方は1つだけではありませんから、自分に合った方法を選べば、ラクに体重計を捨てられるはずです。自分に合った方法で、正しく確実に体重計を捨ててください。

捨てる前に体重計の種類を確認しよう

アナログ式体重計

一口に体重計といいますが、体重計にも種類があります。その種類によって捨て方も違いますから、まず体重計の種類を確認しましょう。体重計の寿命を知ることで、捨てるべきときもわかります。

アナログ体重計

昔ながらの体重計で、人が上にのると目盛版の数字を針が指し示し、体重がわかる仕組みです。体重計に人の重みが加わることで、体重計内部のバネが伸びます。バネが伸びることで力が生じ、これが目盛版を回すわけです。このため、電池などは必要ありません

アナログ体重計には、何度も使用すると内部のバネが伸びてしまい、うまく体重が測れなくなるというデメリットもあります。

シンプルな構造で長く使えそうですが、寿命は5~7年です。永遠に使えるわけではありません。

デジタル体重計

最近主流になっているタイプです。体重計の内部に金属板が入っており、そこに電気を流すことで体重を測る仕組みです。このため、使用するには電池が必要になります。

アナログ式がバネを使ったバネばかりの1種なのに対し、デジタル式は小型家電に分類されるのです。捨て方もアナログ式とは方法が違います。

デジタル体重計の寿命は、アナログ式よりも短い3~6年ということです。湿気で内部が劣化することもありますから、体重計を置く場所には十分な注意が必要になります。

自治体での体重計の捨て方

体重計の捨て方

体重計の捨て方は、上で紹介した体重計の種類と住んでいる自治体の状況で選びましょう。最終的に迷ったときは、自治体のホームページなどで確認してください。

不燃ゴミ

アナログ・デジタル両方のタイプとも、不燃ゴミに分類している自治体が多いようです。デジタル体重計に入っている乾電池は捨て方が違います。必ず抜いて適切な日に回収してもらいましょう。

乾電池はびん・缶の回収日に一緒に回収してくれる自治体、有害危険ゴミに指定している自治体などがありますから、確認が必要です。

粗大ゴミ

体重計が不燃ゴミではなく、粗大ゴミになる場合があります。不燃ゴミと粗大ゴミの差は体重計の大きさです。一辺の長さが30cm以上、または50cm以上など、粗大ゴミになる条件は自治体により違います

粗大ゴミに出す場合は、自分で収集を予約するか、指定のゴミ処理施設まで体重計を持ち込みます。収集を予約した場合は、当日に指定の場所に体重計を出しておきましょう。

また、収集には手数料が発生します埼玉県狭山市の場合、200円程度、朝霞市の場合は300~600円程度です。支払い方法は自治体により違うため、確認が必要です。

指定のゴミ処理施設に体重計を持ち込む場合は、手数料が節約できます埼玉県狭山市の場合は50kg未満の粗大ゴミは手数料が無料ですから、体重計は無料で捨てられるかもしれません。

小型家電リサイクル

デジタル体重計は、ゴミとして捨てる他にも処分する方法があります。それが小型家電リサイクルです。

対象になっている小型家電は内部に有用金属が含まれています。そのため、都市鉱山とも呼ばれており、デジタル体重計はその対象です。

名古屋市のように縦15cm・横40cm・奥行き25cm以内の体重計なら小型家電回収ボックスに入れるように周知している自治体もあります。

ただし、小型家電回収ボックスの投入口は自治体によって大きさが違います。回収ボックスに行く前には、一度確認する必要があるでしょう。

自治体は市区町村の施設や大型ショッピングモールなど、さまざまな場所に小型家電回収ボックスを設置していますから、自分の通り道に回収ボックスがあるという方は利用するのも良いのではないでしょうか。

また、大阪市のように宅配便による自宅回収を行っている自治体もあります。この回収は有料で行われていますが、自宅にいながらにして体重計の処分が終わるため、体重計を捨てるためにわざわざ外出できない方にとっては良い方法ではないでしょうか。

体重計の種類によって細かな分別がある自治体も!

今まで自治体で体重計をどのように捨てるかを解説してきました。どの自治体も体重計の捨て方で問題になるのは、以下の通りです。

  • デジタル式かアナログ式かで捨て方が違う
  • どちらの体重計も大きさで粗大ゴミになることも

小型家電リサイクルの対象となっているかどうかで、捨て方が違うわけですが、体重計の材質によって細かく捨て方を分けている自治体もあります。

神奈川県横浜市では以下のように分類されます。もちろん、デジタル式のものは小型家電として、回収ボックスに入れても良いでしょう。また、規定以上の大きさの体重計は粗大ゴミです。

  • ガラス製:燃えないゴミ
  • 金属製:小さな金属
  • プラスチック製:燃やすゴミ

それにしても、体重計が燃やすゴミになることもあるとは、意外に感じる方も多いのではないでしょうか。やはりゴミを捨てる前には、事前に捨て方を確認するのが大切です

自治体以外の場所で体重計を処分する方法

ゴミとして捨てる以外の方法

都合により自治体で体重計を処分できない場合でも、他にいくつか方法があります。自治体のゴミの回収は自分が都合を合わせなくてはいけません。しかし、これから紹介する方法なら自分のペースで体重計の処分ができます。

家電量販店の小型家電回収サービスを利用

体重計を新しく購入する予定があるなら、家電量販店の回収サービスを利用するのも良い方法です。「ヤマダ電機」や「ビックカメラ」のような家電量販店では小型家電を有料で回収してくれます。

デジタル体重計だけでも回収してくれますが、指定のダンボールに詰め放題で引き取ってくれるというサービスもあります。費用は2,000円程度かかってしまいますが、他にも回収して欲しい小型家電が複数ある場合には、便利なサービスではないでしょうか。

通販サイトの下取り・引き取りサービスを利用

ジャパネットたかた」では新品を購入するときに、古いものを下取り・引き取りしてくれるサービスがあります。体重計はその対象品の1つです。

550円の手数料はかかりますが、壊れていても、何十年前のものでも引き取ってくれます。家にいながらにして、体重計の買い替えと処分が同時に終わるのは、便利で嬉しいサービスです。

リサイクルショップなどの売却を検討

処分したい体重計が比較的新しい場合は、リサイクルショップなどに売却を検討するのも良いでしょう。体重計が処分できるだけでなく、臨時収入も得られるかもしれません。

体重計にも人気のメーカーがあります。売却を検討するときの目安にしてください。

  • タニタ
  • オムロン
  • ドリテック

実際にタニタの体組織計・体重計を買取してもらえた例があります。買取をしてもらうためには、体重計が古すぎないことも大切ですが、状態が良く、キチンと体重計としての役割を果たすことも大切です。

先程も解説した通り、体重計の内部は湿気の影響を受け、劣化することがあります。洗面所などで長年使っていた体重計は、内部が劣化して、体重が正確に測れない状態かもしれません。これでは、売却をするのは難しくなります。

また、素足でのることも多いのが体重計です。事前に正確に計量できるかのチェックを行い、清潔な状態にしておくのも忘れないでください

そして、医療機関で使っていた体重計は勝手に売却できないことも、知っておきましょう。理由は、医療機器がさまざまな病気の感染源になることがあるからです。医療機関で使っていたものに関しては、専門の買取業者や処分業者に依頼してください。

不用品回収業者に回収を依頼

引っ越しなどで体重計以外にも捨てたいものが多数ある場合、そして急いで捨てたい場合は不用品回収業者に依頼すると良いでしょう。

不用品回収業者は1回の回収に10,000円程度の料金が発生します。しかし、この1回の回収でかなり多くのものを持っていってくれるため、決して料金が高すぎるわけではありません。

不用品回収業者への依頼については下記のようなメリットもあります。

  • 申込みをしてから、対応するまでの時間が短く、早く手放せる
  • 早朝や深夜などイレギュラーな時間に対応してもらえる
  • どのようなものでも持っていってくれるため、確実に手放せる
  • 自分でゴミの分別などをする必要がないため、捨て方に悩まない

最近では不用品買取をしてくれる業者が増えてきました。買取金額は料金と相殺できますので、料金のことは一層気にならずに依頼できるのではないでしょうか。

まとめ【体重計は自分に合った捨て方を選ぼう!】

新しい体重計

体重計の捨て方を6つ解説してきました。デジタル体重計が登場したことで、捨て方も増えてきたのがわかります。体重計の種類と自分の都合に合わせて、捨て方を選んでいけば、きっとスムーズに体重計を捨てられるはずです。

捨てたいものが体重計だけではなく、しかも数が多い場合は不用品回収業者に依頼することをお勧めします。一度に処分が済みますから、引っ越しの準備や片づけにはずみがつくのではないでしょうか。

体重計に限らず、1度捨てようと思ったものは確実に捨てましょう。確実に捨てた後にこそ、新しいものが入ってくるのです。それほど場所を取るわけではないからと放置をせずに、すぐに体重計を捨てることをお勧めします。

まずは無料見積もり!

お客様から回収品目をお伝えいただければ
お電話での概算見積もりも可能です!
お急ぎの方には便利♪
詳しくは一度お問合せください
お急ぎなら電話で!
0120-963-348
0120-963-348
LINE/メールは24時間受付中
無料でお見積もり相談
クレジット決済

ご相談・お見積もり、お気軽にお問い合わせください。
各種クレジットカード、銀行振り込み(後払い可)、
現金払いにてお支払いいただけます。
後日振込、弊社査定分割払いにも対応

ご依頼いただいたお客様限定 無料で除菌サービス!!
ご依頼いただいたお客様限定 無料で除菌サービス!!