不用品回収

衣装ケースの捨て方5選!どう処分する?手間なく捨てる方法と注意点とは

「洋服を断捨離したら、不要になった衣装ケースが大量に出てしまった」
「衣装ケースを何ゴミとして捨てたらいいのか分からない」

衣装ケースを捨てようと思ったけれど、捨て方が分からずに置いたままになっていませんか。こちらの記事では捨て方が分からず悩んでいる方のために、衣装ケースの処分方法を紹介しています。

この記事でわかること
  • 衣装ケースを処分するときに注意すること
  • 衣装ケースの捨て方5選
  • 売ってもいい衣装ケースとは

自治体の決まりに沿った捨て方や、捨てる前に注意することなども合わせて紹介していますので、どうぞ参考にしてください。

衣装ケースを処分するときの注意点

isyou-01

衣装ケースは単体の物もあれば、3段や6段などと大きいものも含まれます。同じ衣装ケースでも大きさによって処分方法が違うので、捨て方をしっかりと確認しておきましょう。

またもったいないので売ることを考えたり、解体して燃えるゴミに出そうと思うかもしれませんが、そちらの注意点についても詳しく説明しています。

まずは自治体のゴミの区分を確認する

自治体によって衣装ケースは主に3つのゴミに分かれます。

  1. 燃えるゴミ
  2. 燃えないゴミ
  3. 粗大ゴミ

自治体によって、プラスチックの衣装ケースは、燃えるゴミや燃えないゴミとして捨てられています。一定の大きさを超えるものは粗大ゴミなどへ分類されることもあるので大きさも確認するようにしましょう。

売ることは考えない

衣装ケースがたくさんあると捨てるのがもったいないと思うのではないでしょうか。しかし衣装ケースはホームセンターなどで安く手に入るので、リサイクルショップやメルカリなどでもあまり売れるものではありません。

形がゆがんでいるものや変色した衣装ケースは役目が終えたものとして処分してしまいましょう。ためしに売ってみるのもいいですが、買い手がつかず落ち込む可能性もあります。プラスチック製の衣装ケースは劣化が進むので、あまり売ることは考えない方がいいでしょう。

ただし、天板にきれいな木材が使われていたり、アンティークな作りをしている衣装ケースなら買い手がつくこともあります。

解体するのはやめておく

ごみの捨て方を検索すると、大きいものは解体して処分すると書いてある場合もありますが、解体して処分するのはあまりおすすめではありません。

引き出し型の衣装ケースは引き出し部分を外して骨組みだけにすれば、ノコギリなどで切って小さくすることができます。ですがノコギリで切るのは女性には難しい作業ですし、ケガなどしたら大変です。なるべく解体するのはやめておきましょう。

ただし可動式の衣装ケースはローラーの部分に金属が使われていることもあるので、外せるようなら外しておいてください。自治体によってプラスチックは燃えるゴミ、ローラー部分は燃えないゴミなどと別のゴミになる可能性もあります。

衣装ケースの捨て方5選

isyou-02

衣装ケースの捨て方5選を紹介します。自治体のゴミとして捨てる方法以外にも、まとめて簡単に処分する方法も紹介するので、どうぞ参考にしてください。

衣装ケースの捨て方5選はこちら

  1. 燃えるゴミとして捨てる
  2. 燃えないゴミとして捨てる
  3. 粗大ゴミとしてゴミ処理施設まで持ち込む
  4. 自治体の戸別回収に申し込む
  5. 不用品回収業者に依頼する

ではそれぞれについて詳しく見ていきましょう。

燃えるゴミとして捨てる

自治体によって衣装ケースなどのプラスチック製品は燃えるゴミとして捨てるように指示されている場合があります。自治体の指示にしたがって処分しましょう。

小さい衣装ケースならほかのゴミと一緒に指定のゴミ袋に入れて燃えないゴミとして捨てられます。燃えるゴミに出せれば簡単に捨てられますが、大きさによってはゴミ袋に入らないので、そのときは別の方法で処分しましょう。

燃えないゴミとして捨てる

衣装ケースは燃えないゴミとして捨てるのが一般的です。燃えないゴミとして捨てられれば回収場所へ出しておくだけなので簡単に処分できます。

ただし衣装ケースがたくさんある場合は一度に出してしまうと回収車に乗せきれないなど、作業員に迷惑がかかることも心配です。あまりたくさんある場合は2回に分けて出すなどした方がいいでしょう。

また引き出し式の衣装ケースは、回収の時に引き出しが飛び出してしまう可能性もあります。作業員が運びやすいように引き出し部分をガムテープなどで止めておきましょう。

粗大ゴミとしてゴミ処理施設まで持ち込む

自家用車をお持ちでしたら、自治体の指定するゴミ処理施設まで衣装ケースを直接持ち込んで捨てるのがおすすめです。

ただし衣装ケースはものによって自家用車に乗せられない場合もあるので注意しましょう。特に3段式や6段式の衣装ケースは自家用車のドアから入らなかったり、トランクが閉まらなかったりなどのトラブルも考えられます。

個数が多い場合も一度に載せられない可能性もあるので、そのときは何回かに分けて運ぶようにしましょう。

自治体の戸別回収に申し込む

自家用車を持っていないなど自分でゴミ処理施設まで運べない場合は、戸別回収に申し込むといいでしょう。

戸別回収なら市の職員が回収に来てくれるので、自分で運ぶ手間がかかりません。ただし自治体によって1つに付き550円程度の費用がかります。

戸別回収してもらうときの手順

  1. 電話やインターネットから、回収の予約をする
  2. 指定された「粗大ごみ等処理手数料納付券」をコンビニなどで購入する
  3. 指定された日時にシールを貼って衣装ケースを出しておく

指定された場所に置いたら、あとは市の職員が持って行ってくれるので立ち会う必要もありません。ただし風の強い日などは、空の衣装ケースが飛ばされないようまとめて縛っておくなどしましょう。

不用品回収業者に依頼する

衣装ケースが1つや2つなら、自治会のゴミとして処分してもいいかもしれません。しかし数が多い場合や6段などの大きい衣装ケースがあるのならゴミとして捨てるのはとても大変なことです。

そこで、簡単に衣装ケースを処分する方法として、不用品回収業者に依頼することをおすすめします。不用品回収業者なら衣装ケースの数に関係なく回収に来てくれるほか、大きさを気にする必要もありません。

不用品回収業者には次のような特徴があります
  • 早ければ申し込んだ当日に回収に来てもらえる
  • 出張費用や運搬費用が無料の業者が多い
  • 営業時間が長いので夜遅くても取りに来てもらえる
  • ほかに不用品があれば一緒に処分してもらえる

このように早ければその日のうちに回収に来てくれるので、なるべく早く処分したいときも非常に助かります。さらに衣装ケースだけに限らず、断捨離の時に出た洋服なども一緒に処分してもらえます。

こんな衣装ケースなら売却チャンスあり?

isyou-03

衣装ケースはそれほど高額ではないので、あまりリサイクルはされません。ただし、多く買いすぎてしまって新品が余っている場合や、インテリアとして優れているものは売却のチャンスもあります。

そのような衣装ケースは処分する前に、一度売却してみるのもいいでしょう。

買ったばかりでほとんど使っていない

まだ新品で新しいものやほとんど使っていない衣装ケースは、そのまま処分するにはもったいないかもしれません。そのようなときは売ってみるのもいいでしょう。

  • 洋服を畳んで仕舞ったら一つの衣装ケースに収まってしまった。
  • 着ない服を整理したら衣装ケースが不要になって新品のまま余ってしまった。

このような場合、プラスチックの衣装ケースはリサイクルショップで売るよりは、メルカリやジモティーで売る方が買い手が付きやすくなります。リサイクルショップでわざわざ衣装ケースを買う人は少ないですが、メルカリなどで偶然見つけて買ってくれる可能性は高いです。

アンティークなどインテリアとして優れている

素材がプラスチックのみではなく、天板に木材が使われているおしゃれな衣装ケースもあれば、素材そのものが木で作られているアンティークな衣装ケースもあります。

このような衣装ケースはアンティーク家具として優れているので、処分しないで売ってみるのもいいでしょう。売却するならリサイクルショップがおすすめです。リサイクルショップにはアンティーク家具を求めるお客さんが多いので買い取ってもらえる可能性が高いでしょう。

メルカリやヤフオクなどで売るのもいいのですが、衣装ケースは大きいので送料が高くなる場合があります。さらに輸送中に割れたりするとトラブルになる可能性もあるので注意しましょう。

まとめ【衣装ケースを手間なく処分するなら不用品回収業者がおすすめ】

isyou-04

衣装ケースは意外と大きいものなので一人で運び出したり、捨てに行ったりするのは大変な作業になります。そのようなときは手間をかけずに処分できる不用品回収業者がおすすめです。

不用品回収業者の「お助けLIFE」なら、作業員が自宅から衣装ケースを運び出すので、ご自身で運ぶ心配はありません。さらに他にも不用品があればまとめて処分することもできます。

衣装ケースの処分に困っているなら「お助けLIFE」までお電話ください。場所を取る衣装ケースをすぐに片付けさせていただきます。

まずは無料見積もり!

お客様から回収品目をお伝えいただければ
お電話での概算見積もりも可能です!
お急ぎの方には便利♪
詳しくは一度お問合せください
お急ぎなら電話で!
0120-963-348
0120-963-348
LINE/メールは24時間受付中
無料でお見積もり相談
クレジット決済

ご相談・お見積もり、お気軽にお問い合わせください。
各種クレジットカード、銀行振り込み(後払い可)、
現金払いにてお支払いいただけます。
後日振込、弊社査定分割払いにも対応

ご依頼いただいたお客様限定 無料で除菌サービス!!
ご依頼いただいたお客様限定 無料で除菌サービス!!