不用品回収

香水はそのまま捨てても問題ない?中身が残っている香水の捨て方や注意点を解説

「古くなった香水を手放したい」
「香水はどうやって捨てるの?」

上記のような悩みに応える記事です。

この記事でわかること
  • 香水の正しい捨て方
  • 香水を捨てるときの注意点
  • 香水を「捨てる」以外で処分する方法
  • 香水を捨てずに再利用する方法

さまざまな香りを試したいと思い買った香水であっても、最後まで使いきれず放置しているという方も多いのではないでしょうか。小物ではあるものの、いざ捨てるとなると「どのように処分すれば良いの?」と迷ってしまいますよね。

そこでこの記事は、不用品回収のプロである「お助けLIFE」が香水の正しい捨て方を解説します。

香水を捨てる際の注意点や香水を「捨てる」以外で処分する方法についても紹介しますので、不要な香水がある方はぜひ参考にしてください。

香水の正しい捨て方

残った香水の正しい捨て方は下記のとおりです。

  1. スプレー部分は取り外して金属ゴミに出す
  2. 中身はティッシュに吸い込ませて燃えるゴミに出す
  3. 容器は自治体の分別ルールに従って捨てる

それぞれ解説していきます。

スプレー部分は取り外して金属ゴミに出す

香水の容器に取り付けられていスプレー部分は、金属製のものがほとんどです。そのため、捨てるときにはスプレー部分を取り外して金属ゴミに出さなければなりません。

取り外し方はくるくる回して外せるタイプもありますが、一方で簡単には取り外せないタイプもあります。マイナスドライバーやニッパーを使用すると簡単に取り外せます。

スプレー部分の取り外し方の手順は下記のとおりです。

  1. 香水がこぼれても床やテーブルが汚れないように新聞紙を用意する
  2. 新聞紙の上に香水の容器を置き、金属スプレーの縁にマイナスドライバーを差し込み持ち上げる
  3. 縁が持ちあがったらニッパーを差し込んで切込みを入れ、指をケガしないように容器から金属を外す
  4. 外した金属はそのまま金属ゴミに出す

中身はティッシュに吸い込ませて燃えるゴミに出す

容器に残った香水の中身は、ティッシュに吸い込ませて「燃えるゴミ」に出します。捨てる際の手順は下記のとおりです。

  1. ティッシュに少しずつ吸い込ませていき、中身が無くなるまで吸収させる
  2. ビニール袋に香水を吸い込ませたティッシュを入れる

なお、ティッシュの代わりに新聞紙でも代用できます。作業を行う際には、吸い込ませた香水がこぼれないように注意しましょう。

容器は自治体の分別ルールに従って捨てる

中身が無くなった容器は、中をしっかりと乾燥させて自治体の分別ルールに従って捨てます。

香水容器の分別
  • プラスチック容器:燃えるゴミかプラスチックゴミ
  • ボトル瓶:ビン類で資源ゴミ

ただし、分別ルールは自治体によって違いがあるので、お住まいの自治体のルールを確認しましょう。 たとえ香水の容器が小さくても、素材を確認してゴミに出すことが大切です。

香水を捨てるときの注意点

香水はアルコール成分を含むので、捨てる際には3つの注意点があります。

  1. 中身をトイレやシンクに流すのはNG
  2. 中身が残ったまま捨てるのはNG
  3. 容器を分別せずに捨てるのはNG

ここでは、香水を捨てるときの注意点を解説します。

中身をトイレやシンクに流すのはNG

香水の残量がほんのわずかであろうと、トイレやシンクに流すのはNGです。

香水には香りを良くするために、香料を溶かすアルコールや精油などが使われています。そのため、トイレやシンクに流してしまうと下記のような事態になりかねません。

  • 排水管を詰まらせる
  • 排水管にダメージを与える
  • 香水の強い香りがトイレやキッチンに充満する
  • 気分が悪くなる
  • 環境汚染につながる

上記のようにさまざまなリスクが考えられるので、簡単に流すことは控えましょう。

中身が残ったまま捨てるのはNG

香水は中身が残ったまま捨てるのはNGです。容器が壊れたまま回収が行われると、香水が辺り一面にこぼれて強い香りがたちこめます。

香りが強ければ、近所の人やゴミ回収業者に迷惑をかけてしまうでしょう。

注意!

香水に含まれるアルコールは消防法により「危険物第4類引火性液体」として指定されている

中身が残ったまま捨ててしまうと引火の危険もあるため、取扱いには注意が必要です。

容器を分別せずに捨てるのはNG

香水は容器を分別せずに捨てるのはNGです 分別せずに捨てていることが発覚すれば、自治体側から注意やペナルティを受ける可能性もあります。

「誰も見ていないから問題ない」といった考えは捨てて、きちんと分別して処分しましょう。

香水を「捨てる」以外で処分する方法

香水は捨てずに手放す方法もあります。

  1. リサイクルショップで買い取ってもらう
  2. フリマアプリやネットオークションで売却する
  3. 複数の香水を捨てるなら不用品回収業者に依頼する

ここでは、香水を「捨てる」以外で処分する方法を解説します。

リサイクルショップで買い取ってもらう

香水を「捨てる」以外で処分するためには、リサイクルショップで買い取ってもらうという方法があります。

開封前であればもちろん、開封後でも買取可能な香水は少なくありません。リサイクルショップに持ち込めば、費用をかけずに捨てられます。

しかし、下記に該当する場合は買取査定額が低い可能性が高いです。

  • 残量が少ない
  • 容器に汚れや傷がある
  • ハイブランド以外

フリマアプリやネットオークションで売却する

香水を「捨てる」以外で処分するためには、フリマアプリやネットオークションで売却するという方法もあります。

ただし、下記の手間がかかることを考慮した上で利用するか決めましょう。

  • 商品の写真撮影、商品説明文の作成
  • 購入希望者とのやり取り
  • 梱包と発送作業
  • トラブルが発生したときの対応

しかし、自分で価格を決められるので、納得した価格帯で売却できるでしょう。

複数の香水を捨てるなら不用品回収業者に依頼する

香水を「捨てる」以外で処分するためには、不用品回収業者に依頼するという方法もあります。

回収費用は香水の質や量、回収業者によって異なりますが、3,000~6,000円程度が相場です。

香水単品の場合は割高になりますが、複数まとめて回収してもう場合にはお得になるでしょう。下記の状況に該当する方は、不用品回収のプロに依頼することをおすすめします。

  • いらない香水がいくつもある
  • ゴミの分別が面倒くさい
  • 自宅まで回収に来てほしい

香水を捨てずに再利用する方法

使わなくなった香水があるものの、捨てることに抵抗があるという方もいるのではないでしょうか。 ここでは、使用していなかった香水を捨てずに再利用する方法を解説します。

ルームフレグランスとして利用する

使わない香水はルームフレグランスとして再利用する方法があります。 ルームフレグランスの種類や効能はさまざまです。たとえば、「リードディフューザー」は作り方も簡単で、お部屋の雰囲気もオシャレに早変わりさせます。

リーディフューザーの作り方
  1. 香水、リードスティックまたは竹串5本前後、ニッパーを用意する
  2. 香水容器に取り付けられている金具のスプレー部分をニッパーで外す
  3. リードスティックか竹串を容器に差し込める長さにカットする
  4. 香水の容器にリードスティックか竹串を入れ込む

リーディフューザーの作り方

お部屋の香りを楽しむためには「サシェ」もあります。

サシェの作り方
  1. 香水、サシェ袋、コットンを用意する
  2. 香水をコットンに垂らし染み込ませる
  3. コットンを小さな容器に入れてサシェ袋に入れる
  4. お部屋のタンスやドアノブなどにかけて香りを楽しむ

バスアロマとして利用する

香水を再利用するためには、バスアロマとして利用する方法もあります。お風呂に余った香水を適量入れるだけでバスアロマに変身し、下記のような効果を期待できるでしょう。

  • 精神的な疲労を整えるリラックス効果
  • 良質な睡眠につながる

お気に入りの香水であれば、心地良いバスタイムを過ごすことができます。

香水の捨て方についてのQ&A

香水に使用期限はあるの?

香水の品質はいつまでもフレッシュな状態を保てるわけではありません。

香水の使用期限
  • 開封前:製造後から約3年
  • 開封後:開封してから約1年

香水は1回の使用量が少ないため、使用期限内に使いきることは難しいかもしれません。 とはいえ、開封後の香水は劣化しやすくなるので注意が必要です。

劣化しているかは「古い油の臭い」「液体の変色」で判断しましょう。

香水が開かない場合はどうやって捨てれば良い?

香水のスプレーの金属部分を外そうとしても、どうしても開かないときがあります。このようなときにはビンを開けるための専用のオープナーを使用すると良いでしょう。

また、下記のような手順で開けることもできます。

  1. 香水のビン部分にガムテープを巻く
  2. 一部テープを巻かない部分を作る
  3. ハンマーで軽くたたき割る
  4. 中身をティッシュや新聞紙に吸い込ませて可燃ごみに出す

容器は金属部分、プラスチック部分、ビン部分と、それぞれ分類してゴミに出しましょう。

まとめ【残った香水は正しく安全に捨てよう】

今回は香水の正しい捨て方や香水を捨てる際の注意点、香水を「捨てる」以外で処分する方法などを解説しました。

香水は小さなものであっても、捨てるときには細々と分別しなければなりません。どうしても手間がかかってしまうので、リサイクルショップやフリマアプリなどで売ったり、自宅で再利用したりする方法も知っておきましょう。

とはいえ、「今すぐにでも手放したい」と思っている方も多くいるでしょう。その場合は、不用品回収業者に依頼することをおすすめします。

不用品回収業者に依頼すれば、不要な香水がたくさんあったとしても自分で分解・分別をする必要がありません。また、自宅まで回収に来てくれるので簡単に処分ができ、すぐさま家の中がスッキリするでしょう。

不用品回収のプロである「お助けLIFE」でも、いらなくなった香水の回収を承っております。丁寧かつスピーディーな回収を行っていますので、お気軽にお問い合わせください!

まずは無料見積もり!

お客様から回収品目をお伝えいただければ
お電話での概算見積もりも可能です!
お急ぎの方には便利♪
詳しくは一度お問合せください
お急ぎなら電話で!
0120-963-348
0120-963-348
LINE/メールは24時間受付中
無料でお見積もり相談
クレジット決済

ご相談・お見積もり、お気軽にお問い合わせください。
各種クレジットカード、銀行振り込み(後払い可)、
現金払いにてお支払いいただけます。
後日振込、弊社査定分割払いにも対応

ご依頼いただいたお客様限定 無料で除菌サービス!!
ご依頼いただいたお客様限定 無料で除菌サービス!!