不用品回収

【食器棚の処分】大きくて重い食器棚を処分する簡単でラクな方法とは?

この記事でわかること
  • 食器棚の処分方法
  • 買い取りしてもらえる食器棚の条件

『場所を取る食器棚を処分したい』
『食器棚を処分するには、どんな方法があるの?』

生活の変化でもう大きな食器棚を使わない場合、処分にはどのような方法があるのでしょうか。家から運び出すだけでも大変な食器棚を、何とかラクに処分したいと考える方は多いはずです。

本記事ではいくつかの方法を解説します。これなら自分にもできそうだ、と感じる方法を見つけて、食器棚の処分に挑戦してください。

大きくて重い食器棚をラクに処分するには

食器棚のラクな処分方法

大きくて重い食器棚を運ぶのが大変そう、と感じている方に最適な方法を解説します。自分で運ばなくて良いというだけで、処分へのハードルが低くなるはずです。

販売店の引取りサービスを利用する

食器棚の買い替えを検討しているなら、販売店に引き取ってもらうという方法があります。この方法のメリットは以下の通りです。

  • 買い替えと処分が一度に終わる
  • 食器棚は配送員が持っていってくれるため、自分は運ばなくて良い

引取サービスを実施している主な店舗は下記の通りです。

  • ニトリ
  • 東京インテリア
  • ベルメゾン

ニトリと東京インテリアでは、引取サービスには4,000円程度の料金が発生します。また、すべての店舗で同等品を引き取ると明言していますので、他の家具を購入した場合は食器棚を引き取ってもらえません。

事前に申込みをしておくことも必要です。配送の当日になって古い食器棚を持っていって欲しいという要求は通りませんから、注意してください。申込みをする際には、引取サービスの条件について、事前によく確認をしておきましょう。

必要としている人に譲る

身の回りに、食器棚を必要としている方がいないか確認してみてください。その方に無料で譲る代わりに、自宅まで取りに来てもらいましょう。この方法には以下のようなメリットがあります。

  • 処分するのに費用がかからない
  • 自宅に取りに来てもらえば、自分で運び出す手間が半減する
  • 譲る相手も無料で食器棚を手に入れることができる

ただし、食器棚は大きなものですから、本当に必要な方に譲りましょう。押し付けがあってはいけません。本当に必要な方なら、運び出すための手間を惜しまないはずです。

必要としている人を探す

そのような方がいない場合は、「ジモティー」や自治体の「広報誌」などで、自宅の近所で食器棚を必要としている方を探してみましょう。自宅まで引き取りに来てくれることを条件にしてください。

広報誌は以前から不用品を譲ったり、もらったりする人たちをつなぐ役割をしてきました。地元に根付いた存在ですから、信頼できるはずです。食器棚を処分するときの方法として、候補に入れてみてください。

不用品回収業者に依頼する

引っ越しなどですぐに食器棚を処分したいという方には、不用品回収業者に依頼するのがお勧めです。

運搬に慣れていない方が食器棚のような大きなものを運び出すとき、どうしても壁や床を傷つけるリスク、腰を痛めるなどケガをするリスクが生じます。

不用品回収業者はそのような作業に慣れていますから、安心して処分を任せられます。また、以下のようなメリットもあります。

  • 申し込みをすると、すぐに対応してもらえるため、処分が早く終わる
  • 早朝や深夜などにも対応してもらえるため、どのような環境の方も利用できる
  • 食器棚以外に不用な品があれば、一緒に持っていってもらえる
  • 自分で分別などをする必要がない
  • 買取をしている業者が増えているため、食器棚を買取してもらえる可能性がある

1回の回収で10,000円程度の料金設定をしている業者が多いようです。食器棚以外の不用品もたくさん処分すれば、この料金も決して高くはないでしょう。引っ越しや片付けなどの作業がグッとはかどるに違いありません。

リサイクルショップを利用する

食器棚の状態が良いなら、リサイクルショップも利用できます。うまくいけばラクに処分ができる上、臨時収入も得られますから一石二鳥です。

食器棚の処分に適したリサイクルショップは?

大きくて重い食器棚をリサイクルショップに持ち込むのは大変ですから、出張買取を行っている店舗を選んでください。さらに出張料金が無料の店舗なら、売却することができなくても、自分にはダメージがありません。

買取してもらえる食器棚の条件

不用品回収業者やリサイクルショップで、買取されやすい食器棚には以下のような条件があります。

  1. 人気ブランド
  2. 状態が良い
  3. 機能が良い

1.食器棚にも人気のブランドがありますから、そのようなものは高額で買取してもらえる可能性が高いです。

  • パモウナ
  • ウニコ
  • ジャーナルスタンダード
  • 綾野製作所
  • モモナチュラル
  • 無印良品

2.人気のブランドのものでなくても、以下のように状態が良ければ買取をしてもらえます。

  • 日焼けで変色していない
  • 天板が浮いていない
  • 傷やチャイルドロックを貼った後がない

天板とは、食器棚の一番上の部分の板のことを意味します。これはとても目立ちますから、浮きがない方が良いのは当然です。後の条件も言われてみれば当たり前かもしれません。自分が使いたいと思うような、キレイな状態の食器棚が買取をしてもらいやすいのです。

3.優れた機能を備えた食器棚は、買取してもらいやすいといえます。

  • モイス素材を使っている
  • 引き出しにソフトクローズ機能が使われている

モイス素材とは、消石灰と硅砂などから作られた内装材です。湿度が高いときは湿気を吸いますが、低いときは吸い込んだ湿気を吐き出して、ちょうど良い湿度に調整する機能があります。

炊飯器や電気ポットなどを置ける作りになっている食器棚に、モイス素材を使うことで水蒸気からの湿気とカビが防げるのです。

ソフトクローズ機能とは、名前の通り、勢いよく引き出しを閉めても、5cmくらい手前からゆっくりと閉まる機能のことです。ケガを防ぐ働きはもちろん、引き出しにかかる力の負担を減らす働きをします。

やってみれば意外に簡単!自治体で食器棚を処分

自治体で食器棚を処分

ここまで食器棚の処分方法を解説してきましたが、実は自治体でも食器棚を処分できます。費用が安い分、大変そうだと思っている方がいるかもしれませんが、キチンと手順を踏めば多くの方にできる処分方法です。

粗大ゴミ

一辺が30cm以上、または50cm以上は粗大ゴミとされている自治体が多いため、食器棚はその大きさから、ほとんどが粗大ゴミになります。

粗大ゴミは普通のゴミの収集とは違い、電話やインターネットで予約をして収集に来てもらう予約収集か、自分でゴミ処理施設に持ち込む持ち込み収集が多いです。以下にメリットとデメリットを記しましたので、自分に合っている方を選びましょう。

予約収集のメリットデメリット
収集に来るのは自治体の職員のため、信頼できる予約をしてからの待ち時間が長い
料金が発生するが、良心的 
ほとんどの場合、自宅まで来てもらえるため、運ぶ手間が半減する自宅の前など、指定された場所に自分で食器棚を出さなくてはならない

予約収集のとき、料金の支払い方法は自治体によって違います。ホームページなどで確認をしてください。

  • コンビニエンスストアで収集シールや手数料納付券を購入する
  • 当日職員に現金で支払う
  • スマホ決済
持ち込み収集のメリットデメリット
予約が要らない場合が多いため、自分のペースで処分ができる自分でゴミ処理施設に運ぶため、車や人手が必要

予約収集より料金が節約できることが多い

 

持ち込み収集をする場合にも予約が必要な自治体があります。自分が住んでいる自治体はどうなっているのか、ぜひ一度確認をしてください。

また、予約収集・持ち込み収集どちらとも、受付時間が平日の昼間になっています。休日の関係などでどうしても、利用できないという方もいるかもしれません。

可燃ゴミ・不燃ゴミ

木製の食器棚なら、自分で解体すれば可燃ゴミとして捨てることができます。

この方法にも、以下のようなメリットがあります。

  • 食器棚の処分に費用がかからない
  • 通常のゴミ捨てと同じ手間で済む

ドライバーでできるところまで分解してから、のこぎりなどで切断して、可燃ゴミとして捨てられるサイズにすると良いでしょう。

しかし、ビスだけで止まっているのではなく、接着剤が使われていることがあるため、ドライバーで分解できない場合があります。その場合はハンマーなどでたたき壊すことになるため、体力も時間も必要です。

また、以下のようなデメリットがあることも忘れてはいけません。

  • 解体するときにケガをしたり、部屋を傷つけるリスクがある
  • 食器棚にはガラス部分などもあるため、自分で分別して不燃ゴミに出す必要がある
  • 食器棚が大型の場合、ゴミ袋がたくさん必要になる

一度に大量のゴミ袋を集積場に出すときは、臨時ゴミという扱いになる自治体が多いです。収集が有料になったり、立ち会いが必要になったりします。それを避けるためには、少しずつ出すなどの注意が必要です。

まとめ【大きくて重い食器棚の処分に無理は禁物!】

食器棚の処分に無理は禁物

食器棚の処分方法を6つ解説してきました。大きくて重いのが食器棚です。処分をするのに無理をしてしまうと、ケガをしたり腰を痛めて、生活に支障が出ないとも限りません。

それではせっかく処分が済んでも、気持ちがしぼんでしまいます。費用をかけるのが嫌という気持ちはあるでしょうが、その費用で自分を大切にしながら、快適な生活を手に入れるのだと考えると、決してムダ遣いではありません。

どうか、本記事を参考に体力と気力に合った方法を選び、無理のない方法で、確実に食器棚を処分してください。

まずは無料見積もり!

お客様から回収品目をお伝えいただければ
お電話での概算見積もりも可能です!
お急ぎの方には便利♪
詳しくは一度お問合せください
お急ぎなら電話で!
0120-963-348
0120-963-348
LINE/メールは24時間受付中
無料でお見積もり相談
クレジット決済

ご相談・お見積もり、お気軽にお問い合わせください。
各種クレジットカード、銀行振り込み(後払い可)、
現金払いにてお支払いいただけます。
後日振込、弊社査定分割払いにも対応

ご依頼いただいたお客様限定 無料で除菌サービス!!
ご依頼いただいたお客様限定 無料で除菌サービス!!