空気清浄機捨て方
不用品回収

空気清浄機の捨て方5選!処分費用や簡単な処分方法を徹底解説

「壊れた空気清浄機を捨てようと思っているけどその前に費用が知りたい」
「1人で持ち運べないから良い回収サービスを教えてほしい」

買い替えや古い空気清浄機の処分を検討している方は、捨て方や処分費用が気になるのではないでしょうか。

この記事は不用品回収のプロである「お助けLIFE」が空気清浄機の捨て方を徹底解説します。

この記事でわかること
  • 空気清浄機の処分方法
  • 空気清浄機の処分費用
  • 空気清浄機の回収サービスについて

年式やメーカーによっては売却ができる空気清浄機は、大きさの違いで処分方法も変わってくるので、最後まで読んで参考にしてみてください。

空気清浄機の処分方法5選

空気清浄機1

リーズナブルなものから高価なものまであらゆる製品が出ている空気清浄機。除湿や加湿機能、スペックなどが製品によって異なるため、高額な製品になるほど簡単に捨てることができず、処分に困っている方は少なくありません。

そんな空気清浄機の処分方法は売却や廃棄など下記5つの方法があります。

  • 粗大ゴミとして処分
  • 家電量販店に持ち込む
  • リサイクルショップで売却
  • フリマ・オークションサイトに出品
  • 不用品回収業者に依頼

エレベーターのついていないマンションやアパートに住んでいる女性の方は、空気清浄機といえど運搬が困難になることもあるので、回収サービスを利用してみてください。

粗大ゴミとして処分

空気清浄機の捨て方は地域によって異なりますが、「粗大ゴミ」として処分できることが一般的です。

埼玉県さいたま市を例に挙げると、最大の辺の長さが90㎝以上の空気清浄機は「粗大ゴミ」、90㎝未満の製品は「不燃ゴミ」になっており、大きさによっても分別の仕方が変わります。

また、横浜市では最も長い辺が50㎝以上は「粗大ゴミ」、50㎝未満なら「燃やすゴミ」になっており、地域によって分類や長さの規定まで変わってくるので注意が必要です。

条例が変更されることもあるので、空気清浄機を捨てる前には自治体のルールを必ず確認して、粗大ゴミや燃えないゴミとして処分しましょう。

粗大ゴミの出し方と費用

まずは空気清浄機の分類を確かめるため、最大の辺の長さを測り「粗大ゴミ」であることを確認してください。確認後は電話やインターネットを使って自治体の粗大ゴミ受付センターに申し込みしましょう。

申し込み後はコンビニやスーパーで処理手数料の納付券を購入します。納付券に収集日や受付番号などを記入して、見やすい場所に貼り付けたら指定の場所に出してください。

納付券の費用は300円から500円ほどです。※自治体によってルールが異なる可能性があるため、ホームページから粗大ゴミの出し方を確認しましょう。

家電量販店に持ち込む

多くの家電量販店では空気清浄機の持ち込み回収や訪問回収を行なっています。たとえば、ヨドバシでは150㎝以下で20kg以下の空気清浄機の持ち込み回収なら1,100円の費用で処分してもらえます。

訪問回収は出張費用として2,200円かかるため、処分料金とあわせて3,300円です。

処分に必要な費用は家電量販店ごとで異なり、ジョーシンを例に挙げると除湿機能のない空気清浄機であれば550円で引き取ってもらえます。

このように店舗によって回収料金が変わってくるため、持ち込む前に必ずホームページから費用を確認しましょう。

リサイクルショップで売却

大手家電メーカー」「製造から5年」「動作確認済み」こうした条件に当てはまる空気清浄機であれば、リサイクルショップで買取してもらえる可能性があります。

買取実績があるメーカーは以下の通りです。

  • シャープ
  • アイリスオーヤマ
  • バルミューダ
  • ダイキン
  • パナソニック
  • ダイソン
  • 三菱
  • 富士通
  • 東芝
  • 日立など

買取価格は500円〜10,000円以上の製品まであるので、条件に該当するものであればリサイクルショップに出してみるのもいいかもしれません。

買取に出す前に調べておきたいことはメーカーの他、型番や品番から相場を調べるようにしておくと良いでしょう。

フリマ・オークションサイトに出品

メルカリやラクマなど、フリマアプリやオークションサイトでは、さまざまなタイプの空気清浄機が取引されています。

取引価格は1,000円から100,000円以上とメーカーや状態などによって違いますが、大手メーカー製以外の製品も出品されていることが特徴です。

使用年数が5年以上経過している製品でも状態の良いものであれば売却できる可能性があることも、フリマアプリやオークションサイトを利用する理由といえるでしょう。

ただし、空気清浄機は出品する手間がかかる上、梱包作業や発送作業があるのでこうした作業が苦手な方は、別の方法を選ぶと良いのではないでしょうか。

不用品回収業者に依頼

マンションやアパートの2階以上に住まれている方は不用品回収業者に依頼すると、集積所に運んだり、店舗に持ち込みをしたりといった手間がかかりません。

小型の空気清浄機であれば持ち運びはラクですが、大型のものは15㎏以上の重さがあるので階段の登り降りが大変です。

また、不用品回収業者に依頼すればリサイクル料金や納付券の費用が必要ないので、まとめてゴミを捨てたい方は依頼してみてはいかがでしょうか。

弊社お助けLIFEでは空気清浄機の買取サービスを行っています。製品によって引取価格は異なりますが、相場は2,000円から5,000円ほどです。

お部屋のちょっとした片付けに向いているSSパックプランでは、Webからのお申込みで8,800円からご利用できるので、空気清浄機が5,000円であれば3,300円でお部屋をキレイにすることもできます。

家電量販店の訪問回収サービスと同じ料金でお部屋を片付けられる、お得な処分方法なのでぜひ試してみてください。

ユニットやフィルターの処分

空気清浄機2

地域によって異なりますが、空気清浄機のユニット部やフィルター部は分別して廃棄しなければなりません。

たとえば、シャープのプラズマクラスターのイオン発生ユニットは「燃えないゴミ」として処分。フィルターの処分方法は横浜市を例に挙げると、半透明の袋に入れて「燃やすゴミ」として集積所に出すルールになっています。

粗大ゴミとして分解せずにゴミ出しできる地域もありますが、自治体によっては「燃やすゴミ」や「燃えないゴミ」と分別が異なることに注意してください。

また、製品によりフィルターの材質は異なるため、製品ページや説明書を確認して自治体のルールに従って処分しましょう。

空気清浄機の買い替え時期は?

空気清浄機3

空気清浄機の耐用年数の基準が6年と法律で定められていることをご存じでしょうか。耐用年数の基準は6年ですが、買い替え時期の目安は多くのメーカーで10年ほどです。

使用環境や手入れの仕方によって変わってきますが、空気清浄機のフィルターの使用年数が10年ほどになっているため、買い替え時期の目安といわれています。

ただし、10年経過していない製品でも下記のような症状があるものは、買い替え時期といえるでしょう。

  • フィルターを交換してもニオイを吸わなくなった
  • 空気を吸う量が減った
  • 異音がする
  • 電源がついたり消えたりする

上記のような症状のある製品はモーターやフィルター自体に異常がある可能性があります。

修理や部品交換などで使用年数を伸ばせる製品もあるため、メーカーに問い合わせてみてください。

空気清浄機の買取をしている不用品業者に依頼しよう

空気清浄機5

この記事では空気清浄機の捨て方を5つ紹介しました。

売却条件がそろっている空気清浄機は「リサイクルショップの買取」や「フリマアプリでの出品」ができますが、持ち込みや出品作業の手間を考えると、安価なものは廃棄をしたほうが良いかもしれません。

廃棄する場合、自宅が2階以上の方は空気清浄機の持ち込みが難しくなるため、回収サービスの利用がおすすめです。

家電量販店の回収サービスは、リサイクル料金プラス出張費用がかかるため、お得なサービスとはいえません。これはあくまでリサイクルをメインに回収サービスを行なっているからです。

しかし、多くの不用品回収業者では空気清浄機の買取サービスを行なっているのでお得に処分できます。

片付けついでに処分したいなら不用品回収業者を、売却できそうならフリマアプリを利用するなど、5つの処分方法の中から、ご自身の条件にあったサービスを選んでみてはいかがでしょうか。

不用品回収のプロである「お助けLIFE」では即日対応、無料見積もりをしておりますのでお気軽にご相談ください。

まずは無料見積もり!

お客様から回収品目をお伝えいただければ
お電話での概算見積もりも可能です!
お急ぎの方には便利♪
詳しくは一度お問合せください
お急ぎなら電話で!
0120-963-348
0120-963-348
LINE/メールは24時間受付中
無料でお見積もり相談
クレジット決済

ご相談・お見積もり、お気軽にお問い合わせください。
各種クレジットカード、銀行振り込み(後払い可)、
現金払いにてお支払いいただけます。
後日振込、弊社査定分割払いにも対応

ご依頼いただいたお客様限定 無料で除菌サービス!!
ご依頼いただいたお客様限定 無料で除菌サービス!!