不用品回収

ダイニングテーブル処分方法6選!処分費用や処分時の注意点を徹底解説

「サイズの大きいダイニングテーブルの処分に困っている」
「重いダイニングテーブルを引き取って欲しい」

模様替えや引越しの際、いらなくなったダイニングテーブルの処分に悩むことがあるのではないでしょうか。

こうした悩みに応えるため、この記事では材質の違うダイニングテーブルの処分方法について解説します。

この記事でわかること
  • ダイニングテーブルの処分方法 
  • ダイニングテーブルの処分費用
  • ダイニングテーブル処分時の注意点

ダイニングテーブルを購入する際には利便性やデザインの良いものを選ぶため、処分するときのことをあまり考えないかもしれません。

しかし、材質によっては処分方法が異なることもあるので、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてくださいね。

ダイニングテーブルの材質を把握しよう

ダイニングテーブル1

ダイニングテーブルの材質に使用されるものには下記の種類があります。

  • 木材
  • ガラス
  • アルミ
  • 大理石

ダイニングテーブルの材質によって処分方法が異なる場合があるので、それぞれの特徴や注意点を紹介します。

木材を使用したダイニングテーブル

ダイニングテーブルといえば、木材が使用されたものを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。

木材にはナラやタモ、ウォールナットといった天然の木から切り出した無垢材を使用した素材が人気です。

無垢材を使ったダイニングテーブルは天然の木から切り出されることから、個人で分解して山に捨てようとする方がいますが、これはNGです。

天然の木材だからといって山に捨ててしまうと不法投棄になりますので注意しましょう。

ガラスを使ったダイニングテーブル

洗練された印象を与えるガラスのダイニングテーブルは、スペースをスッキリ見せたい方に人気の材質です。

ガラステーブルは「粗大ゴミ」に出すことができますが、知らない方の中には「不燃ゴミ」に出そうと考える方もいます。 

ダイニングテーブルに使用されるガラスには強化ガラスが使われていることが多く、不燃ゴミに出すために個人で分解すると事故やケガの原因になるでしょう。

天板が一枚のガラスになっている製品は、専門のガラス買取業者へ連絡して、手放すことができるか確認してみてください。

アルミのダイニングテーブル

木材やガラスを使ったダイニングテーブルの種類は豊富ですが、アルミを使用した製品は珍しく、個性を重視した方に人気の材質です。

アルミのダイニングテーブルは全てがアルミ製のもの、天板だけがアルミ製になっているものがあります。

粗大ゴミとして処分できますが、アルミの買取をしている専門業者もあるので、天板だけを分解して持ち込んでみるのも良いでしょう。

また、家具を専門的に扱うリサイクルショップでは、デザイン性の高いダイニングテーブルを高値で買取しているところもあるため、一度見積もり依頼をしてみてください。

大理石を使用したダイニングテーブル

高級家具に使われる大理石には種類があることをご存知でしょうか。

天然・人工・人造といった3種類の大理石があり、天然大理石を使用したものが1番高価になります。

高価なものは中古で売却することも可能ですが、値段がつかなかったダイニングテーブルは粗大ゴミとして処分しても良いでしょう。

ただし、「石やセメントを含まないもの」や「50cm未満のもの」といった制限のある地域も存在するので、自治体のホームページから確認しましょう。

ダイニングテーブルの処分方法6選

ダイニングテーブル2

模様替えや引越しを機にダイニングテーブルを新調する方は少なくありませんが、その際に古くなったダイニングテーブルの処分に困ってしまうこともあるでしょう。

ダイニングテーブルは素材によって処分方法が変わることもありますが、基本的には下記6つの方法で処分できます。

  1. 自治体に粗大ゴミとして出す
  2. リサイクルショップに売却
  3. フリマサイトやネットオークションに出品
  4. 買い替えと同時に不要になったダイニングテーブルを引き取ってもらえるか相談する
  5. 自分で解体して自治体に回収してもらう
  6. 不用品回収業者に依頼

ダイニングテーブルの種類によっては無料引取や売却ができる可能性もあるので、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

自治体に粗大ゴミとして出す

ダイニングテーブルは自治体の粗大ゴミに出すことができます。

処分費用はダイニングテーブルの天板サイズで変わることが一般的です。

たとえば、大阪府大阪市では「天板の最大の辺又は径が1メール未満」の製品は400円。「1メール以上」のものは1,000円になっています。

地域によっては最大辺の長さによる料金の違いがあったり、ガラスの天板を使用したものには別途料金設定がされていたりと細かく分かれている場合もあるでしょう。

ダイニングテーブルを処分する際にはテーブルのサイズと材質を把握して、自治体のホームページから粗大ゴミの処分費用を確認してください。

リサイクルショップに売却

高価なダイニングテーブルであればリサイクルショップに売却できる印象があると思いますが、ニトリやIKEAで販売されている安価な商品もリサイクルショップで売却できる可能性があります。

また、下記のメーカー製のダイニングテーブルセットは、買取価格が高くなる傾向があるので覚えておきましょう。

  • ウニコ
  • カンディハウス
  • IDC大塚家具
  • カリモク
  • イサムノグチ
  • 飛騨産業
  • カッシーナ
  • ジャーナルスタンダードなど

買取価格は10,000円から100,000円程度となっており、ダイニングテーブルの種類や材質によって金額は大きく異なります。

たとえば、家具メーカーのマスターウォールのダイニングテーブルは70,000円程度で取引されており、保管状態が良く人気のあるメーカーなら高額で売却できる可能性があるでしょう。

なるべく高くダイニングテーブルを売却するためには、リサイクルショップに持ち込む前に、まずは天板や脚についた汚れをしっかりと落としてください。次に購入時についてきた付属品や保証書を容易して少しでも査定額を伸ばしましょう。

また、ダイニングテーブルはイスとセットになって販売することで最大の査定額になります。ダイニングテーブルとイスを分けて売却する方がいますが、バラ売りは控えてください。

フリマサイトやネットオークションに出品

ヤフオクやメルカリといったインターネットサイトでも、ダイニングテーブルを売却することができます。

出品されているダイニングテーブルの相場価格は5,000円から50,000円程度とメーカーやサイズ、天板の素材などによって変動。ダイニングテーブルは北欧テイストが好まれる傾向があり、なるべく使用期間の短いものが良いでしょう。

取引実績があるものを例に挙げると、

  • 無垢の集成材を使用した製品
  • 6人以上が座れるタイプ
  • メーカー アクタス
  • 試用期間 6年程使用

こうした条件の揃った製品は50,000円以上で取引されています。

フリマサイトやオークションサイトでダイニングテーブルを出品する際には、取引相手とトラブルにならないためにも商品情報に細かな内容を記載してください。

ダイニングテーブル出品時の商品情報
  • メーカー・テイスト
  • 材質・カラー
  • サイズ・形状
  • 利用人数
  • 付属品の有無と状態
  • 解体・組立にかかる費用と注意事項

中古のダイニングテーブルを手放す際には、上記のような細かい商品情報を記載した上で、現物の写真を5枚以上掲載すると、売れる可能性が高くなるので参考にしてみてください。

買い替えと同時に不要になったダイニングテーブルを引き取ってもらえるか相談する

メーカーや販売店ではダイニングテーブルを購入した際、古いものを「無料」または「有料」で回収している場合があります。

たとえば、大手家具メーカーのニトリでは、買った家具と引き取ってもらいたい家具が「同じ数」または「同じ容量」であれば1注文につき4,400円で手放すことも可能です。

また、IKEAではIKEA製家具買取サービスが行われており、インターネットから簡単なシミレーションをするだけで、参考価格を把握できます。

ダイニングテーブルを売却する場合は配送費用として4,500円以上がかかるので、持ち込み可能な商品をお待ちの場合は試してみてください。

このように各メーカーや販売店では、買取や引き取りサービスを行っていることがほとんどです。家具を購入する際には、販売店で不要になったダイニングテーブルの引き取りについて相談しましょう。

自分で解体して自治体に回収してもらう

ダイニングテーブルはイスとセットになっている場合もあるため、粗大ゴミに出したとしても数千円ほど費用がかかることがあります。

時間があってなるべくダイニングテーブルの処分費用を抑えたい方は、材質が木材であれば自力で解体することも可能です。

準備するものは電動ノコギリと解体スペースのみ。燃えるゴミに出せる大きさにカットして家庭用ゴミ袋に詰めるだけ。

注意点としては一度に出せるゴミ袋の量は自治体ごとに決まっていることが多いため、倉庫に保管しながら少しずつ捨てなければなりません。

木材は湿気や水分を含むと腐ったり虫が湧いたりするため、カットした木材の保管には注意しましょう。

不用品回収業者に依頼

引越しや模様替えの際に買い替えることが多いダイニングテーブルは、他のいらなくなったものと一緒に不用品回収業者に依頼することで費用を抑えられます。

引越しや模様替えでは、ダイニングテーブルだけでなくテレビや冷蔵庫、食器棚といった大型の家具や家電を一新するのではないでしょうか。1つひとつの処分費用は少額ですが、すべての不用品を粗大ゴミに出すと大きな金額になってしまいます。

しかし、不用品回収業者なら料金プランで処分費用が事前にわかるため、安心して利用できるでしょう。

処分費用は業者やプランによって異なりますが、10,000円程でトラック1台分のゴミを引き取ってもらえます。ダイニングテーブルのような大型の不用品を複数手放したい方は不用品回収業者へ依頼してみてください。

まとめ【重量やサイズに処分方法を変えよう】

ダイニングテーブル3

この記事はダイニングテーブルの処分方法について解説しました。

ダイニングテーブルは材質によって処分方法が異なります。ガラスやアルミを使用したものは専門の買取業者へ依頼できますし、天然大理石を使用したものは高値での売却が期待できるでしょう。

ダイニングテーブルは自治体の粗大ゴミに出せますが、サイズによって処分費用は変わるので注意してください。

また、ダイニングテーブルの重量やサイズによっては、自治体が指定する場所へ運搬するのも難しいかもしれません。そのようなときは自宅へ訪問回収を行っている不用品回収業者へ依頼しましょう。

不用品回収業者のダイニングテーブルの訪問回収は、解体費用や運搬費用が見積もり額に入っているので、予想外の出費が少なくすみます。

弊社お助けLIFEではインターネットから無料で訪問回収の見積もりを出していますので、ダイニングテーブルの処分でお困りの方は気軽にご相談下さい。

まずは無料見積もり!

お客様から回収品目をお伝えいただければ
お電話での概算見積もりも可能です!
お急ぎの方には便利♪
詳しくは一度お問合せください
お急ぎなら電話で!
0120-963-348
0120-963-348
LINE/メールは24時間受付中
無料でお見積もり相談
クレジット決済

ご相談・お見積もり、お気軽にお問い合わせください。
各種クレジットカード、銀行振り込み(後払い可)、
現金払いにてお支払いいただけます。
後日振込、弊社査定分割払いにも対応

ご依頼いただいたお客様限定 無料で除菌サービス!!
ご依頼いただいたお客様限定 無料で除菌サービス!!